お知らせ

新型コロナウイルス感染症の院内感染予防のために、風邪症状がある方は一般の方と

時間を分けて診療しています。

上記のような症状のある方は、受診前に必ずお電話ください。

症状をお聞きした上でこちらから受診時間を指定させていただきます。

もしご連絡なく来院された場合は、玄関外で問診をさせていただき時間外に

再度来院していただきますが、新型コロナウイルス院内感染予防対策として

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

また、時間外や休日などで電話がつながらない場合は、

きょうと新型コロナ医療相談センター ☎075-414-3421にご連絡いただき

ご相談くださいますようお願い申し上げます。
令和2年8月1日(土)から診療時間を下記の通りに変更させていただきます。

午前診の開始時間が8時40分となり、土曜日の終了時間が12時となります。

ご周知のほどよろしくお願いいたします。


月・火・水・金  午前診 8:40~12:00   夜診 17:30~20:00

木・土        午前診 8:40~12:00
当院の診察券をお持ちの方は、スマートフォンやパソコン、携帯電話、受付窓口で

次回診察の予約が取れます。

ホームページからweb予約ページにログインし利用登録を行っていただくだけで、

当日でも予約を取ることが可能です。

診察待ち時間や院内の滞在時間が少なくなり、時間を有効に活用していただけます。


どうぞご利用ください。
京都市民の方でB型およびC型肝炎ウイルスの検査を希望される方は、

無料で検査を受けることができます。

検査は血液を採取して行います。

ご希望の方は、健康保険証や運転免許証などの住所が確認できる書類を

お持ちいただき窓口にお申し出ください。
がんの早期発見が重視される中、NBI (Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)

が注目を集めています。

NBIは、特殊な青と緑の光を用いて、粘膜内の血管などの観察をサポートする、

内視鏡の新しい技術です。

NBIによって、通常光観察では見えにくかった、がんなどの極小病変の早期発見に

つながることが期待されています。

当クリニックでもNBIを用いた内視鏡検査を行い、がんの早期発見に努めています。

予防接種について

当クリニックでは通年で肺炎球菌ワクチンやその他のワクチン、


季節的にインフルエンザワクチンの接種を行っています。

 

ただし、インフルエンザ以外の小学生以下の予防接種は行っていません。

 

扱っている主なワクチンと費用(診察料などを含む1回の費用)を掲載します。

 

・インフルエンザ(10月中旬からワクチン終了まで)   

   3500円(小学生の2回目は2500円)

 

・肺炎球菌ワクチン                                

   7800円

 

・麻疹風疹ワクチン

   9200円

 

・麻疹(はしか)、風疹、おたふくかぜなどの単独のワクチン

   6000円~6200円

 

その他、肝炎ワクチンなどの接種も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

京都府、京都市では風疹抗体検査を実施して、風疹抗体価が陰性であった方に

風疹第5期定期予防接種を行っています。

対象の方は昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの誕生日の方で、

接種前には必ず風疹抗体検査結果が必要です。

ご希望の方はお電話でお問合せください。
京都府、京都市では風疹抗体検査が公費負担でできます。

対象者は京都府民および京都市民で、

①妊娠を希望する女性 ②風疹の抗体価が低い妊婦の配偶者などの同居者 

③昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性です。

御希望の方はお電話でお問合せください。

当クリニックでは胃がんリスク層別化検診、前立腺がん検診、大腸がん検診を


行っています。


 胃がんリスク層別化検診、前立腺がん検診は採血で、大腸がん検診は便の採取で


行えます。


それぞれ年齢などに規定がありますので、詳しくはお電話でお気軽にお問い合わせ


ください。

 大腸がんは食生活の欧米化とともに年々増加しており、40歳を超えると急激に


罹患率(病気にかかる割合)が上昇します。特に女性の場合はがんの死因のトップが


大腸がんです。

 

 血便などの症状があっても痔があるからとか肛門が切れたからと思い込んでいる


ケースが多く見られますので、血便などの症状のある方はもちろん、症状のない方


でも40歳を超えたら一度は大腸カメラの検査をお勧めしています。

 

 一般にはしんどい痛い検査と思われている大腸カメラの検査ですが、当クリニック


では1万件以上の大腸カメラ検査の経験をもつ院長の技術で、痛みのない楽な大腸


カメラ検査を受けていただいています。

 

 検査には前日と当日朝からの下剤の服用などの準備がありますので、一度


クリニックに来院していただいてから検査の予約をしています。

 

 ポリープが見つかり当日の切除が可能と判断した場合には、日帰りでのポリープ切除


手術も行っています。

 

大腸カメラ検査のさらに詳しい内容については左の「内視鏡検査について」をクリック


してください。